「頑張り1割。だらだら9割。」くらいで良いんじゃねー。

スポンサードリンク





 

最近は『ONE PIECE』という漫画を読みまくっている!!

そして一日が終わっていく。。:(;゙゚’ω゚’):

無駄なことなんかないと思うから今の行動やONE PIECEで学んだようなことがどこかしらで役に立つ時が来るとは思う。

 

でもどうせなら”今すぐ”役に立ったらいいなってことで記事を書こうと思いました!!

漫画や小説ってビジネス書に比べて勉強してる感があんまりないですよね。

でもビジネス書のようなものは何度も読み返さないといけないし、

逆に漫画や小説はストーリーで覚えていられるので、断片的に忘れても補って思い出すことができます。

仮に忘れても読み返しがしやすいというのも利点ですね。

 

YouTuberのヒカルさんもビジネス書は一切読まないで、漫画しか読まないと言います。

それでもあんなに頭が良くてビジネスにも長けている。

 

だから何が役に立ってるかなんてわかんないし、生かそうと思えばどんなことだって生かせるんじゃないかと。

という自分の娯楽を正当化させるための記事なわけですが、

どうせならONE PIECEで学んだことを書いてみようと思います。

 

 

「力がすべて」のわかりやすい世界

こうしたい、こんな夢がある!

そう思ったところで邪魔が入る。

そんな時にそれを押し返せるかどうか。

どっちが正しいか、どっちが間違ってるかとかも関係ない。

 

100人中100人が悪だと言っても、

勝ちさえすればそれが正義になる。

わかりやすい世界ですね。

しかもONE PIECEの場合

人を想う心を持ってる人ほど弱くて涙をすることが多い気がします。

 

・アーロンに支配されるナミ。

・クロコダイルに国を乗っ取られるビビ。

・海賊に助けられて悔しい想いをする海軍。

・市民のことを思ってるのに負けて囚人に逃げられる副署長。

などなど。

 

「自由」や「平和」を望むのであれば強くなくちゃいけない。

それがONE PIECEで一番学べることかなと。

 

 

助けてもらって生きていく。

好きなことで生きていきたい!と思った時、

その想いを実現させるための「行動力」。

お金を作るための「戦略」「信用」。

相手を説得させる「根拠」「精神力」。

など。

 

必要な要素はいくらでもありそうなものですが、

要するに現代日本においては、

「それいいね、協力してあげるよ!」と思わせられるかどうかだと思うんですよ。

どれくらいのレベルの人に協力をあおげるか。

その力が一番手っ取り早くしかも大事な力だと思う。

 

人は一人では生きてはいけない。

交換社会で生きる以上は人に助けられて生きている。

どんなに一人で生きていくんだ!って思っても

物を作ってくれる人がいなきゃ買えない、食べられない。

ガスも水も電気も。全部誰かがやってくれてる。

それを使わせてもらってお金を払う。

 

無人島にいくなり、ホームレスになるなり、独りで生きていく方法もそりゃ色々あると思います。

でも助けてもらって、今度は自分が助けて。

その繰り返しで生きていくほうが楽しいかなと僕は思ってます。

 

 

「好きなことで生きていく。」は仕事にしなくてもいいじゃん!

「好きなことで生きていく。」をどう捉えるのかは人によって変わると思いますが、

僕は別に好きなことを仕事にするだけがその方法じゃないんじゃないかと思います。

 

会社員などで週4、5働いて、休みの日はキャンプに行ったりして楽しい毎日。

そんなんでもいいと思うんですよ。

 

実際僕の親は、

休みはバラバラですが、普通に会社勤めとして働いていて、休みの日は

漫画を読んだり、アニメを見たり楽しそうです。

会社の悪口や仕事での愚痴などを言ってるのも聞いたことがないですねー。

そんなに趣味にお金がかからないので貯金をしてると思います。

そのまま老後は貯金を使って死ぬまで生活すれば一生を楽しく終われるんじゃないと思います。

 

 

いきなり身近な例でしたが、なんだっていいと思うんですよ。

自分がそれでいいなら全部それでいい。

人にも迷惑をかけてないし。

 

自分がそれでいいなら、それが正解でいいと思う。

僕は会社勤めで一生を終えるのも、一年間を終えるでさえも違和感があるので、

親と同じ道を辿ることはないと思います。

だからといって、労働はムダ!時代遅れだ!なんていうつもりもありません。

 

夢追い人は夢を追っかけていればいいし、

安定を求めたい人は安定を求めればいい。

「他人の人生に介入して邪魔をすること」こそ僕は時代遅れなんじゃないかと思います。

 

でもそういう風潮は一生なくならないんだろうなって思うし、

「嫉妬」や「なんかわかんないけど嫌い」

という感情は理性でどうにかなる問題でもないのかなと。

 

だからみんなハッピーの世の中は来ないし、

自分のやりたいことや思想くらいは自分で守るしかないのかなと。

 

僕は安定を面白くないと感じる人なのでイレギュラーな出来事が起こる環境を好みます。

そしてその道には敵が多い。

今は知名度がないから変なこと言っても批判はされない。

でもこれから先の人生はわかんない。

「人と違う道を歩きたい!」っていう人は

「みんな頑張ってるのに!」という価値観の人にとっては邪魔だからね。

 

100%合ってるのにそれが通用しないこともある。

何度ONE PIECEを読み返してみても思うのは、

やっぱり、守れる力がないというのは”悪”すぎるなと。

 

「合理的に考えてどっちが正しい!」とか、

「こうしたほうが得じゃん!」みたいなことを思っても理解されないことはよくある話。

正しい、間違ってるとかそういう常識で考えられないような

意味不明の大きい権力に潰されることもあるかもしれない。

 

 

”0”か”1”かの違いは凄まじい差。

味方が0になっても自分さえできると信じていればその夢は叶ったかもしれないけど、

自分が諦めたらその夢はもう二度と叶わない。

 

できると信じてる人間が0か1かの違いは天と地の差があると思います。

1(自分)さえできると信じてれば後は時間の問題。

自分と考えが合う人は必ずどこかにいるはずだからね。

その人に出会うまでその夢を信じていられるか。

実現可能なプランを作れるか。

 

計画や戦略も「力」

忍耐力も精神力も「力」

相手を論破するだけが勝ちじゃないと思う。

 

自分のやりたいことは自分が信頼できる人にしか話さないっていうのも一つの方法だと思うし、

準備ができるまで情報を絞るのもアリだと思う。

とにかく力のない人間は何を言われてもしょうがないし、

それに対して論破する力すらない。

 

 

 

漫画は勉強教材。

若者は経験がない分勢いでゴリ押しするしかないけど、

勢いじゃどうにもならないのが「新世界」なのかなとー。

急にONE PIECEの話に戻りましたが、漫画というのは基本的にストーリーとしてそうなってるだけじゃなく、

漫画を読んでる人たちに何かを伝えたいと思って書いてることが多いんじゃないかなって思ってます。

 

というかそう考えたほうが絶対いいと思う。

勉強教材として捉えたほうが自分も活かせるし、気をつけようと思う。

 

 

庶民の時の自分じゃわからないような世界や人間というものが日本にも存在すると思ってます。

なんでこんなすごい人がテレビにも出ないでこんなところにいるんだろうっていうのも普通にあるんじゃないかと。

そんな自分にとっての運命的な出会いをするための準備を重ねていくのがいい気がしてる。

 

 

力に潰されないように考えて生きていく。

さっきから「助けてもらって生きていく。」など消極的な言葉選びが多いですが、

実力がないうちは変に調子に乗ってイキがらないほうがいいんじゃないかなって思ってきたんですよねー。

 

どうせゴールは同じだし、

「好きなことで生きていく。」っていう未来に代わりはないんだけど、

僕には、”1人で頑張る”っていう風に感じられるんですよねー。

 

1人で頑張るって超コスパが悪いから僕はあんまり好きじゃないです。

どーせ、そんな良い能力持ってないし。

返せる時に返せる場所で返せばいいからガンガンもらっちゃって良いと思いますけどねー。

 

大衆に発信してコツコツファンを増やしていくっていうのが今のネット社会の定石になりつつあると思いますが、

僕は自分のプロジェクトを少しずつ進化させながら1人1人に「こんなことを考えてます!」的なやり方で

繋がりを増やしていくほうが今は合ってる気がしてる。

 

直接アンチコメントを言う人は相当メンタル強い人だと思うから逆に興味あるし、基本は否定されない。

それどころかアドバイスをくれる人の方が多い。

 

”急がば回れ”ですね!

ネット社会になったからこそ、誰でも自分の情報を見られるようになったからこそ

実力のない今は情報など知識をつけたり、

発信先を絞ったりして準備をする期間なんじゃないかなと思ったりしてます。

 

 

結局最近話題になったDJ社長の動画でもあったように、

”努力”なんて言葉には意味がなくて”結果”を出した人が評価される社会ですからねー。

めっちゃやる気出るので、少し長いですが是非見てみて欲しいですー。

 

 

疲れたら終わり〜。

「助けてもらって生きていこう!」みたいな他力本願で生きようとしたり、

「準備ができるまではコソコソやっていこう!」みたいな

テキトーな感じの方が僕はラクだし好きですね!

 

大抵は上を見すぎて死んでいきます。

頑張りすぎて死んでいきます。

冗談抜きで死んでいきます。

 

どーせ、ほとんどの人は何も世界に影響は与えないし、死んでも代わりが存在する。

だから頑張らなくてもいいと思うし、気楽にやればいいと思う。

無駄を排除していった先に待ってるのは”絶望”な気がしてる。

”ダラダラ”は必要だし、心のバランスを取る出来事は必要。

 

「自分に厳しく他人に甘く」なんて言うけど

自分に甘くできない人は余裕がないから、結局他人にも厳しくなると思う。

 

割合的には、

頑張り1割、ダラダラ9割くらいでいいんじゃないの〜。

って僕的には思いますけどねー!

 

「疲れたからもう終わり〜。」でやめていいと思います。

じゃないと本当に

「疲れたからもう終わり。。」

の事態がやってくるかもしれない。

 

心が疲れたら立て直すのに時間がかかりすぎる。

最初は一人で頑張ってた夢に仲間を作って巻き込んで

みんなで生きていけばいいんじゃないかと思いますー。

 

 

前に進むだけが進歩じゃない!!(ドンッ!!)

結局最初にも書いた通り

”力がすべて”の世界だと思うので、

結果を残す以外では評価されないと思う。

 

 

ガンガン逃げて、

生き延びて、

たまに頑張る。

そして最終的に何かを残せば、

それが正義。

 

 

ONE PIECEから学んだこととしては、そんな感じでした!

頑張ったとかじゃなくて、人のことを想ってるとかじゃなくて

勝ったほうが正義。

めちゃくちゃな事を言っていても、100%間違っていても権力を持ってるほうが正解になる。

 

 

そんなに現実も変わらないと思います。

だから生き延びる方法。

そして最終的には勝つ方法を考えていく方法を考えるのがラク!

僕がONE PIECEを読んで出した結論はそんな感じです!

いろんな人の正義があって、

いろんな生き方があって、

結果全部自分で決めて生きていく。

壊れないようにちゃんと守るのも大事。

というか日本人にはむしろ”守り”ほうが大事だと思う。

頑張りすぎなんだよなー。

 

スポンサードリンク




コメントを残す