「成功体験」よりも「失敗体験」の方が信用できる。

スポンサードリンク





こんにちは、シェリー(@sherry_neko19)です。

僕は成功体験と失敗体験を言う人がいたら失敗体験を話す人を信用します。

そのほうが再現性があるからです!

もちろん状況によって変わりますが、

基本的には、失敗話はそうしないように気をつけようと思ってだいたいできることだと思います。

でも成功体験は、「運」という強い力が加わって成功した可能性があります。

今回は「失敗しか信用しない」ということについて書いていきます!

 

失敗はするもの。

二回目はアホ!!

成功のためのノウハウは大事だと思うし、どんどん勉強したいけど、でもやっぱり運も入ってると思う。

それに対して失敗した事例は、それをやらなければいいというシンプルな答え。

「これをやらないといけない」よりも「これはやっちゃいけない」の方がわかりやすいしね!

 

それにやっぱり一度目の失敗はなきゃいけないと思う。

一度目の失敗は”成長”

二度目の失敗は”アホ”

僕はこういう考え方なので、失敗はしていこうと思うし。

アホは強い言葉なので誤解を招きそうだけど、そういう風な意味が伝わればそれでいいなと。

 

1回目の失敗は恐れずにガンガンやっていいと思うし、怒られるのはおかしい。

失敗したこともなくそんな中でも挑戦をした結果の失敗ですからね。

でも2回目の失敗は1回目の失敗を踏まえて対策を練れたはずなのにまた失敗する。

だからアホという表現を使ってます。

 

 

失敗のほぼ100%準備不足

ただ、成功体験より失敗体験の方が信用できるとはいえ成功のノウハウを調べないでいいかと言われるとそうじゃない気がするんですよねー。

失敗体験→失敗しないようにしよう!→自己流→失敗!!

こんな感じの末路かなー。

まぁでもまた1つ失敗体験ができるからこれもまた成長だし全然いいと思いますけどね、時間があるなら。

 

ただ、一つ悪いこととしては、おそらくその失敗は先人がすでにやってることでネットに載ってること。

つまり勉強をしていれば避けられた失敗の可能性もあります。

 

もし、その失敗で被害が出たのが自分だけならいいですが、

周りにも迷惑がかかったのならその”準備不足”は怖いですよね。

僕も面白そう!と思ったら行動してみて失敗という流れは何度か経験しました。

その失敗の原因のほぼ100%が準備不足でした。

 

情報不足、

計画不足、

実力不足。

大抵はどれかなんじゃないかなー。

 

成功ノウハウなどで成功した人の情報を集めていれば”情報不足”で失敗することはなくなったかもしれない。

その情報を元に計画を立てていれば”計画不足”で失敗してなかったかもしれない。

そして、計画を立てて自分に必要なこと、足りないことを前もって知っていれば

その能力をつけるために時間を割いて”実力不足”で失敗しなかったかもしれない。

 

あれがあれば、これがあれば、

自分には、ないないないない。

ないものねだりをする物だし、間違えたら過去は後悔すると思う。

 

失敗が悪いのではなく、

失敗して後悔するのが悪い。

後悔するような失敗の仕方をするのが悪いし、

同じ失敗を繰り返すのが悪いと思う。

失敗はなきゃいけない。

 

何もしないのが一番地獄。

失敗を恐れずに挑戦しようとすると、結構いつも面白い事に発展しがちですね。

なんかのボーナスですかね。

逆に何もしないと、

何も発生しないので後悔します。

 

「自分は何をやってたんだっけ?」と過去を思い出せない現象も起きるし、

毎日が一定っていうのは普通に面白くないと思う。

精神的に異常をきたす可能性もある気がします。

感情が変化するような出来事って日常に不可欠な要素なんじゃないかなって思ってます。

 

 

「成功100回する人間」より「失敗100回する人間」の方が面白い。

もちろん失敗の仕方にもよりますが、僕の中では失敗する人の方が成功する人より面白いです。

失敗して何も考えずにひたすらまた同じ失敗を繰り返してるだけの可能性もあります。

でも基本的に失敗をするっていうのは結構精神的に疲れるんですよね。

 

その失敗を頻繁にできる人、それでもガンガン挑戦できる人って絶対面白い人だと思う。

それに成功100回する人は評価されるけど、失敗を100回した人は評価されない。

基本的に結果がすべてだから成功しか評価されない。

だから僕は評価された人には興味がない。

 

失敗しまくる人は誰かが見てないともう挑戦するのをやめてしまうかもしれない。

誰かが評価しないとやめてしまうかもしれない。

何かを残そうとしてるかもしれないのに。

多分僕自身もそうだと思う。

 

失敗失敗だったからね。

だからこそこういう記事を書いてるのかもしれない。

 

 

僕は結構ビビりで挑戦できないので、失敗を恐れずにガンガン挑戦できる人は度胸があってカッコいいと思います。

でもやっぱり世の中は結果がすべてですからね。

面白いことをしてるのに評価されない。

 

 

誰かが見てるはずだから好きに生きてたらいいと思う。

まぁ結局何が言いたいかというと、「後悔をしないようにしたい」

というざっくりとした結論です。

自分もだし、他の人も。

 

「やってみる」と決めた時点でもはや面白いですからね。

その後が成功だろうが、失敗だろうが正直どうでもいいことなんですよねー。

面白い人なら誰でも眺めていたい。

その周りにどれくらい人がいるかが僕にとっては大事。

天邪鬼だからみんなが好きなものは好きになれない。

「才能ある有名人」より「才能ある無名人」のほうが好きだし、

挑戦して「成功した人」より「失敗した人」の方が好き。

 

一発屋と言われる人のトレンドネタには興味ないし、今世間で何が流行ってるのかもよくわからない。

逆に生活をかけて自分の事に向き合ってる人、発信してる人は見ててやっぱり面白い。

自分の人生だからねー。

そんな僕自身を面白がってくれる人もいるだろうから発信し続けてみようと思う。

それがうまくいかなかったらそれも”失敗体験”ってことで、次に繋がるでしょう!!

 

スポンサードリンク




コメントを残す